産業看護師になると収入は?

産業看護師になると収入は?

産業看護師の人気の理由として、給料が高い点があげられます。一般病棟で働く看護師の方の平均月給は30万円〜35万円ほどとなっています。年収は450万円〜500万円といったところでしょうか。

 

クリニックの場合は平均月給25万円〜30万円ほどですがほとんどのクリニックは月給25万くらいですね。年収は300万円にも満たない方もいらっしゃるほどクリニックでの看護師勤務は比較的低い給与水準となっています。一般病院はクリニックとは違い残業や夜勤手当があるのでまだ高いのでしょう。

 

産業看護師はその点、夜勤、残業もなく高い給与水準を誇っているので得ですね。産業看護師でも様々な職場のお仕事が用意されています。産業看護師を置いているほとんどの企業は大企業ということもあり待遇もよければ給与も経験の有無で昇給アップを見込めることができます。製薬会社や医療機器メーカーでの仕事となるとまた違った職種となりますがさらに給料がアップします。

 

治験コーディネーターや臨床開発モニター、クリニカルコーディネーターといった少々特殊な仕事内容となりますが、看護師の技術、知識以上に専門的な知識が必要とされるのでその仕事内容に見合った収入を得ることができるのです。産業看護師でもこのように勤める企業によって給料や収入に違いが出てくるので知っておくと良いでしょう。

 

一般病棟やクリニックといった仕事とは違う看護師としての役割を担う分、給料も高くなるわけですが、産業看護師は健康体の人と触れ合うので人と接するコミュニケーション能力も要求されることになります。健康面談でいかにアドバイスができるか、どのような状態でも素早く対処できるのか看護師の技術+社会人としての基礎知識も必要となります。

 

高い収入が期待できる産業看護師はそれなりの仕事をこなさなければなりません。収入も魅力的ですが、それよりも従業員が気持ちよく健康的で仕事ができるようにサポートすることが第一だということを忘れずにいて下さい。