産業看護師未経験の看護師を積極的に採用する企業の特徴

産業看護師未経験の看護師を積極的に採用する企業の特徴

産業看護師を採用する会社の応募条件で、“産業看護師として経験がある方”や経験者を優遇しているところは数多くみられます。やはり野雇う企業側からみてみれば経験がある看護師の方が信頼できますし、何より未経験者よりも待遇が良いことは間違いありません。かといって未経験者の方は落ち込むことはありませんよ。未経験者を雇っている企業もたくさんあるので安心して下さい。では、未経験者を雇う企業はどのようなところがあるのでしょうか。

 

産業看護師の求人をみてみると、多くの企業で応募条件に経験がある方と記載されている募集がある分、同じくらいに未経験者でも可!というところが見られました。大手企業でも産業看護師としての経験が全くない方を募集しているところもあるので問題はありません。比較的研修が充実している企業に多くみられますね。未経験者でも産業看護師として研修制度が整っていると初めての方でも安心して働くことが出来るでしょう。

 

食品メーカーやサービス業、一般企業が未経験者を雇う傾向が多いようです。逆に製薬会社や医療機器メーカー等の会社では未経験者は全く雇っていませんでした。これは製薬会社で産業看護師として努める場合、仕事内容が特殊なことから産業看護師以上の知識が必要とされることからきているのでしょう。産業看護師として数年経験がある人ではないと向いていない職場のようです。

 

それに比べ、一般企業は産業看護師として看護師の知識や技術さえあればスムーズに業務を行うことができます。従業員の健康管理から怪我や急病の処置、手当など看護師の知識があれば勤まります。会社の種類によって産業看護師に求める内容が違うのでそこは気をつけておいてほしいところです。

 

未経験者ならばまずは一般企業で産業看護師としての基礎的な業務をこなすことが的確でしょう。いきなり産業看護師以上のスキルを問われることになると混乱してしまい仕事すらできなくなってしまうので一般的な産業看護師の仕事から始めて下さい。

 

製薬会社や医療機器メーカーといった特殊な求人は避け、医薬品・医療機器以外の製造業、商業、運輸業、不動産業、金融・保険業、電気・ガス業、サービス業といった一般企業を中心に探してみて下さい。