産業看護師の一日の活動の流れ

産業看護師の一日の活動の流れ

企業内で看護師業務を行う産業看護師に興味がある人は一日の流れがどのようになっているのか気になるでしょう。では、産業看護師の一日の流れをご紹介していきますね。ぜひ職探しの参考にして頂けると嬉しいです。

 

会社の従業員と一緒に出社します。だいたい9時から勤務が始まる企業が多いので8時半には出社することになるでしょう。そして9時から勤務が始まります。まず最初にすることはメールチェックです。社員からの相談メールや今日の面談時間の確認・調整、各部署への連絡を行います。午前中は面談の準備や社員の健康管理、産業看護師は自分から社員への健康状態をチェックするために動くこともあるのでコミュニケーション能力が必要となってきます。

 

そして12時から1時間の昼休みを経て、午後からは社員1人1人と健康面談をすることになります。面談の記録や各部署の連絡も午後に行い、その間に医務室を訪れる人の対応も産業看護師のお仕事です。そして17時過ぎには退社することになります。大まかな産業看護師の一日でしたがどうでしょうか。病院勤務と比べてみたらとてもゆったりとした時間で仕事をすることができることが分かります。動くこともあまりないので体力に自信がない人でも大丈夫でしょう。

 

産業看護師は従業員の急病や体調不良な時の処置、怪我の治療、健康管理のサポートだけでなくパソコン操作や書類作成、各部署との連絡も行わなければならないので看護師としての技術や知識だけでなく、様々な技術も必要となってきます。普通の看護師のお仕事よりも活動範囲が幅広くなってくるのです。身体だけでなく心の病にもケアをしている産業看護師の方もいらっしゃるのです。従業員が快くお仕事するために全面的にサポートする大事な役割を担っています。

 

企業によって違いますが、中には企業全体のイベントに産業看護師がかり出される場合もあります。休日を返上して産業看護師として働かなければならないケースもあるということを頭に置いておいて下さい。